心と体の勃起障害

心と体の勃起障害

勃起障害になるには様々な要因があります。加齢や生活習慣や身体の障害に起因される例だけではなく、ストレスや不安や鬱など悩みを抱えているなどの心理的な面から勃起障害になる場合もあります。

勃起不全の原因と症状

EDであってもセックスをしないからいいという男性もいるでしょう。ただし性欲がある場合、その解消を男性ができないくなりますので、それはストレスと変化します。ストレスは体に変調をきたすこともありますので、性欲を溜めこむことが良くありません。また勃起不全というのは、生活習慣病によっても起きます。特に糖尿病や高血圧といった症状から、勃起障害が起こることが確認されています。生活習慣病というのは、命を落とすリスクがある症状です。決して甘く見ることができない症状であり、勃起障害こそは生活習慣病の危険シグナルであることを自覚するべきです。生活習慣病で起きる勃起障害は器質性EDと呼ばれています。身体に起きた不具合によって引き起こされる症状です。その他の器質性は、事故や外科手術によって神経や血管が傷ついたことによって起きることもあります。また病気関連で勃起障害を起こす原因として薬剤性EDもそのひとつです。血圧降下剤で勃起障害が起きることはよく知られていますし、また消化器系やうつ病の医薬品によっても勃起障害が起きることがあります。あとは心の問題で起きる心因性も原因のひとつです。早漏や勃起不全をパートナーから指摘されて心に傷を負ってしまい、勃起しなくなることもあります。これらの原因は、直接的な要因を取り除くことで改善することがありますが、長期の治療が必要になることで、すぐには結果がでにくいです。直接的な原因となっている部分を治療しながら、勃起不全の改善を図るED治療薬がありますので、セックスをする前に服用することで効果を示します。一時的な勃起を施し、性的な刺激を与えることで改善しますので、このような医薬品を使って改善を図ることをおすすめします。

心理的要因からの勃起不全

最近は、若い人でも勃起障害で悩むケースがあります。勃起障害は、性交するときに勃起できないため、満足に性交ができない状態です。勃起障害で悩んでる人は、日本国内に1000万人以上もいます。高血圧や動脈硬化、糖尿病など、生活習慣病が原因となっている勃起障害もあれば、ストレスなど心理的要因で起きる勃起障害もあります。高血圧や動脈硬化、糖尿病などの患者は、勃起障害が起きやすいので、気を付ける必要があります。心因性の勃起障害は、現実心因と深層心因に分けることができます。現実心因は、プレッシャーやストレスなどです。深層心因は、幼児期のトラウマなどです。深層心因が原因の場合、本人に自覚がないため、治療が難しいケースもあります。また、日本人に多い原因が、仕事によるストレスです。特に30代や40代など、会社での責任が増える年齢の人は、ストレスを抱えて男性機能が低下してしまう人が少なくないです。30代や40代の男性は、生活習慣が乱れている人も多いので、血管壁が弱って症状を悪化させることもあります。マスターベーションができるのにセックスできない場合、心因性の疑いがあります。心因性の勃起障害になった場合は、PDE5阻害薬が有効です。PDE5阻害薬は、勃起を助ける治療薬です。
専門クリニックの中には、PDE5阻害薬による治療と併用して、カウンセリングを行なっているクリニックもあります。お酒をよく飲む人は、治療中はお酒を控えた方がいいです。また、PDE5阻害薬は、油の多い料理を食べた後に内服すると、吸収が悪く効果が十分に出ないこともあります。PDE5阻害薬は安全な治療薬ですが、報告されている副作用もあるので、服用する時は、必ず医師の指導を受けて服用することが大事です。

身体的要因からの勃起不全

勃起不全と呼ばれることもある勃起障害はさまざまなことが原因となって引き起こされる症状です。中でも身体的要因によって引き起こされる場合は「器質性勃起障害」と呼ばれるタイプに分類されます。ではこのタイプの勃起障害を引き起こす原因としてはどういった身体的要因があるのかというと、まず大きいのが高血圧です。高血圧患者の血管は常に高い圧力で血液を流し込まれる状態になっているわけですから、その中では血管自体がかなり脆くなってしまっています。こうした状態は動脈硬化と呼ばれるのですが、この状態になってしまった血管の中では血栓が出来やすくなってしまうのです。血栓は血管の中に出来るかさぶたのようなものであり、太い血管から剥がれた血栓が細い血管に流れてしまうとそこで血液の流れをせき止めてしまうようになります。これが陰茎部の血管で発生すれば当然大量の血液を必要とする勃起が妨げられることになりますから、これによって勃起障害が引き起こるようになってしまうのです。また高血圧以外では糖尿病や前立腺がんも勃起障害を引き起こしやすい病気とされています。糖尿病は全身の神経を侵していくことになりますから勃起に関連する神経が侵されて勃起障害に繋がることがありますし、前立腺がんは勃起に深く関連する前立腺を病巣とするがんですからやはり影響を与えてくることになるのです。ただこうした器質性勃起障害の場合、その原因を取り除けば治療が出来るというのも確かなことです。精神的な問題によって引き起こされる心因性勃起障害と比べると深刻な物として受け止められやすい部分がありますが、実際には原因さえ取り除けば対処できるわけですから早期に専門医の診察を受けて治療に取り組むようにしましょう。